PILOG

映画とか舞台とか人形とかうまいものとか(愚痴とか)いろいろ
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

思い出のマーニー

先月末に職場が品川方面に変わって遠くなり
今までのんきな地下鉄通いだったんですが
JRの混雑振りに圧倒されて疲れまくり
帰りにちょっと寄り道って元気もなかったんですが
映画の日だしってことで、初の帰り寄り道でマーニー見てきました

思い出のマーニー
有楽町 スカラ座 映画の日1100円


映画館の大きなパネルを撮ってみたけどぼけぼけw

同じ監督さんのアリエッティが私はダメだったので
あんまり期待せずに行きました
で、やっぱりあんまりなあな感じでした
アリエッティが「まだはじまって無いじゃん」な感想だったから
それよりは大分ましですが

前半やけに長く感じたし
安奈とマーニーが急激に仲良くなりすぎてついていけなかったし
嫌いとかつまらないというわけじゃないから
やっぱりジブリってだけでハードル高くしちゃうのかなあ
今まで見てきたジブリ(宮崎)作品のわくわく感を期待しちゃうのよね どうしても
路線が違うから求めるものは得られなくてがっかりしたというのが正しいところかな
個人的にはこういう話だったら別にアニメじゃなくていいんだよな
アニメ見に行くならどきどきわくわくさせて欲しい話でも動きでもいいし、
無条件にかわいいものがわんさか出てくるとか
わけわかんないけど展開早くて笑っちゃうとか 何でもいいのよね
夏アニメだしなあ 世の中はそういうの求めないのかなあ

謎解きちょいちょい良く見えるところでヒント出さずに
なーんとなくひっそり見せておくだけにして
ラストに一気に解いてみせたらもっと爽快感あったんじゃないかしらとか思ったりもしました
ユージュアルサスペクツ的にw

なんか♀×♀的印象を受けるシーンが多くて
ジブリなのにいいのかしらと思いつつ見ていくと
謎解き後にそいういう印象見事に消えるので
そこはさすがと言えるのかな

あーあと声だ
安奈の声はまあいいとして、マーニーの声が私はだめでした
もっさりしててかわいいと思えず、印象的でもなく…
金髪の幻影(?)美少女なんだから、もうちょっと印象的で
「あぁ美少女っぽい!」って声はいなかったんだろうか
とりあえず声の主がリアル美少女なら誰でも良かったんじゃないかとさえ思える…うーん
1年後、映画のストーリーは覚えててもマーニーの声は忘れてる気がする
アニメの声優に俳優さんを起用することについて云々いわれてるけど
私はイメージに合えば誰でもいいんだよね
今回のマーニーはもののけ姫の石田さんに匹敵する嫌キャスティングでした 残念
(ただ、もののけ姫何度か見てるうちに石田さんに慣れてきたので、回数こなせばなれるかも知れない…)

アナ&雪のときのように「もう一回みたい!」とはなりませんでしたが
とりあえず、どれくらい違うもんか原作読んでみたくなったので
読んでからもう一回見てみようかな(DVDか日テレで)
映画 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
<< 恋月姫アトリエ展示会 薔薇の囁き | TOP | デリリウムカフェ トーキョー >>