PILOG

映画とか舞台とか人形とかうまいものとか(愚痴とか)いろいろ
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

彼は秘密の女ともだち

彼は秘密の女ともだち

シネスイッチ1 D-4
レディースデー 950円

11:10〜の初回上映
20分前開場っていうのでそれにあわせて行ったら
「かなり混雑していて前の方しかあいてません」とのことだった
シネスイッチは結構平坦なのだD列だと結構前な感じだったけど
左側通路脇、前は空席だったので問題なかった

幼馴染(というか特別な女友達)が幼子を残して病死
そのご主人が女装で育児しているのを目撃!
いきがかりでショッピングetc一緒に時間をすごすうちに親密な仲に…
というような話なんだけど

トランスジェンダー(トランスヴェスタイト?)の旦那さんに目が行きがちだけど
幼馴染に恋心に近い想いを抱いていたり
♂姿のダヴィッドじゃなくて女装したときのヴィルジニアに惹かれてたり
「やっぱりあなたは男よ!」「私は女よ」みたいなやりとりがあったりで
クレールの方が「ずっと気づいてなかったけど実はレズビアンだったことにやっと気づいたよ」という映画なのか?と思ったり
性別男性でジェンダー女性×女性だったらこの関係は男女だけど、レズビアンということでいいんだろうか?
複雑でこんがらがりそう

まあ、ラスト幸せそうだったからいいか
クレール夫(昇進したイケメン)がかわいそうそうぎだけど…
 
映画 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
<< インサイドヘッドとマッドマックス | TOP | 蔡國強展:帰去来と70'sバイブレーション >>