PILOG

映画とか舞台とか人形とかうまいものとか(愚痴とか)いろいろ
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

THE曼荼羅→トーハク→脅威の超絶技巧

雨模様の平日休み

pixiv & twitterですっかりファンになってしまった

デルー村上さんが参加されている

THE曼荼羅 @ギャラリーしあん

新御徒町なのでバス移動

古民家ギャラリーと聞いてたけどまじ民家

平日で人気も少なくて、入るのに若干の勇気がいる

 

民家なので靴脱いであがる

展示室は板張り 静かに歩いてもギシギシ床がなる

昔きいたよな懐かしい音

 

展示室写真OKとのことで人が少ないのをいいことに

思う存分撮らせて頂いた ありがたい

 

 

今回テーマが不動明王様なので

各作家さんのお不動様が勢ぞろいの床の間(お賽銭箱あり)

 

デルーさんの不動明王様アップでもう一枚

アクリルにプリントしているので紙とは大分印象が違う

かっこいいなぁ 腰たまらん腰

 

物販もあったので、不動明王様セットで♪

手前2枚は今回の展示限定の飴×鞭ステッカー

ポスカ裏にも不動明王様 かわいい(>_<)

それぞれの神様の解説読むのも楽しい

 

実は帰り際、会場にデルーさんかな?というお嬢さんがいらしたのですが

お顔を知らなかったので確信持てず

そうかなー、違うかなーと思いつつ

スタッフさんと話されていたのでタイミング掴めずにそのまま退室

あとでtwitterみてやっぱりデルーさんだったのがわかって

声かけなかったことを後悔…orz

確認したときには既に徒歩でトーハクに到着してました

 

トーハクは先日見逃したのの確認にちょっと寄るだけのつもりが

運慶ミニトーク空席ありますよーなんてアナウンスかかるもんだから

うっかり会場へ…

興福寺のお坊様の話を聞いてまいりました

平日バンザイ

 

で、メトロで日本橋へ移動

金曜夜はナイトミュージアム!で1000円の三井記念美術館

ずーーーっと本物が見たかった加藤巍山氏出展の

驚異の超絶技巧!展

中は当然撮影不可と思ってカメラをロッカーにしまってから会場に入ったら

入り口に超絶具合がわかる撮影可の作品が2点

むむむ しまった

 

仕方がないので携帯で撮影

 

最近SNS向けでこういうの多かったの忘れてたわ

うっかり

 

展示は明治期と現代作家さんの作品が混在

ポスターにもなってる胡瓜とかほんと凄い胡瓜すぎ!

「なんで胡瓜なんだ?」とかいう素朴な疑問を忘れるほどマジ胡瓜でしたw

 

加藤氏の彫刻は2点 「恋塚」と「しかみ

写真はサイトで見ていたんだけど、思ってたより小さくてびっくり

すごくすごく精巧なので、見た目の印象で

勝手にもっと大きいと思ってしまった

帰ってきて見直したらちゃんとサイズかいてあったし…ちゃんと読んでないの反省

それにしてもこの人の作品凄い 仏像、本物みたいなあ

仏像が難しいなら彫刻作品でもいいので、もっとたくさん見たい

展示情報逃さないようにしようっと

 

日本橋なので帰りは当然地下でおいしいもの探し

御使い物じゃないのでこんな感じになりました

展覧会 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pino
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
<< 2017年10月19日のつぶやき | TOP | 2017年10月20日のつぶやき >>