PILOG

映画とか舞台とか人形とかうまいものとか(愚痴とか)いろいろ
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第23回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

ずいぶん怠けて時間たっちゃったのですが
書きそびれるとどの年に何をみたのか忘れちゃうのでまとめてざっくり覚書いておく



今回は7/12〜18までユーロスペースのレイト
7/18〜21まで毎度おなじみスパイラルという日程でした
実は移転後のユーロは行ったことなかったので、せっかくだからユーロも混ぜ込みました

●1本目 ユーロシネマ 7/17 21:10〜
湖の見知らぬ男

レイトなら仕事終わってからも余裕〜と平日とったんですが
良く見たらユーロ分は整理番号当日取得とのこと…まずい
で、仕方が無いので昼休みダッシュでユーロまで行って整理番号ゲットしました
暑くてあせだく
でもそのおかげで開場ギリギリで開場待ちの人いっぱいのロビーに着いたけど
前目中央の良い席で見られました♪

ハッテン場が舞台のサスペンスものなんだけど
三分の二くらいふるちんとハッテンシーン
映画祭の映画ってモザイクとかなしだから1年ぶんくらいのちんちんをみてきましたよ
外人さんてほぼ包茎だなーとか、どうしてくんにゃりするときは左へいくんだろうとか
話があるんだかないんだかなシーンが続くのでくだらないことばっかり考えちゃいました。
そんなこんなで感覚が麻痺しそうになってるところ
最後一気に不穏な感じになってえーーっどうなるのー?
ってなった瞬間暗転→エンドロール
会場全体が「!!!」もしくは「???」な妙な空気が流れました
ざわつくでもなく、しんとしてるんだけど、「で?」みたいな雰囲気。
ここまで会場の気持ちがひとつになるのも珍しい気がしますw
そうそう、あと音だ。
途中までやけに静かでなんでだろうと思ってたんですが
音楽が入ってなかったからみたい
湖畔の風とか波とか木の音とか、夏の羽虫の飛ぶ音とか
やけに気になる映画でした

「「カイエ・デュ・シネマ」の2013年映画ベスト10で第1位」てことで
間違いないだろうと思って選んだんですが
見終わって思わず「どうして選んだカイエ・デュ・シネマ…」と
放心しつつつぶやいてしまいました
うーんうーん フランスわからん
でも「その映画面白かった?」と聞かれたら
映画自体はそんなに…だったけど
もろもろ加味して面白かったと言えなくもない
と答えたくなる映画でしたw(どんなだ)



●2本目 スパイラル 7/19 18:40〜
アビーとひみつの部屋

土曜日人形教室の後千駄ヶ谷からハチ公バスで表参道へ
時間があまったのでTigerに寄り、その後定番のカレーうどん食べてから会場へ
スパイラルは前売りに整理番号ついたのでらくらくです♪ありがたい
「裕福な家庭の主婦が女性相手の高級娼婦の仕事を始める」って紹介文を読んだとき
ヘテロ家庭の主婦が女性相手の娼婦…と勘違いしちゃったのですが
実際はレズビアンカップルの主婦が…でした。
同姓婚OKの国だと女性同士の夫婦(?っていうのかな)で
その家庭の主婦ってこともあるのか…と認識を改めました。
子供の学校や周辺でも普通にそういう家庭もありと認められている風に見え
ある程度社会的地位があるような人だったら
同姓婚でもこういう感じに迎えられているのか
それとも映画だからある程度理想として描かれているのかが気になったりもしました。
描かれてるのはレズビアンだから…という特殊な話じゃなくて
男女でも女女でもおんなじよねーというような話でした
普遍的過ぎて映画祭でみなくてもいいかなと思ってしまうくらいw
『GO fish』の監督ローズ・トローシュがプロデュースということで見に行ったんだけど、
話も画面の色もだいぶ大人っぽかったです
映画見てからだいぶ経っているので作り手側も大人になったということかなww
そういえばGO fish 見た時映画館でうっかりカード買ったけどどこへやったっけ…

●3本目 スパイラル 7/19 20:50
52チューズデイ

公式サイト

合間にシャンパンとか飲みつつアビーと〜から引き続きで
トランスジェンダーの母親が男性になる過渡期
父親に預けられる女子高生
毎週火曜日に会おうということで、52週分の火曜日の話です
「2014年サンダンス映画祭監督賞(ワールドシネマ部門)受賞」
サンダンスならきっとはずさない!と思って選択 そして大正解
映画祭なので、母親の話がメインなのかなと思ってたんですが
完全に女子高生ビリーの成長記録というか青春談?
ビリー役のTILDA COBHAM-HERVEYがものすごーくキュートで
それだけでみていて飽きなかったです
あと、おじ役MARIO SPÄTEのダメ男感w
もう顔から雰囲気からダメで最高です。
キャスティングの人ステキすぎ。
普通に映画としてよかったなあ 若いっていいなあとかおばちゃんは思いましたよw

選択の問題だと思うけど、今年の作品はL&G映画祭!って感じが薄かったかも
ツイッターの感想とか見ちゃうので、すごく映画祭っぽい気がする「G.B.F」とか
「アゲンスト8」とか見ておけばよかったーと後悔したりもしw
来年はもう少し見る本数増やそうかな??
映画 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

マレフィセント

封切り初日でマレフィセント見てきました

日劇 字幕3D版
チラシはこちら

今回初めて使ったムビチケ↓ 1400円 3Dとの差額は楽天ポイントでお支払い。


なんだろうなー ちょっと色々残念
初日にがんばって見に行くほどじゃなかったねと思っちゃいました
正直もうちょっと悪でも良かったんじゃないかと
マレフィセントが毒抜けすぎててとほほな感じでした

眠り姫なのにぜんぜん寝てないしw
王子のキスのくだりはアナ&雪とネタかぶりだし
今後ディズニーは姫と王子のロマンスは全面的に捻じ曲げていく方針なんだろうか…(T_T)

ムーア国の妖精シーンがきらきら綺麗だったのとクリーチャーいっぱいで楽しいとか
エル・ファニングの無邪気姫っぷりはまあ良かったのかなあ

ところで、エル・ファニングってどうも角度によって
見え方に差がありすぎる気が…
雰囲気ですごくかわいく見えることもあるけど
すごい美人ではないよね???
逆に気になるところの方が多いような…
見るたび姉さんの方がかわいいよなあと思ってたんだけど
昨今の人気っぷりを見ると私の好みが少数派なのかしら
まあ、こういうのは好みで分かれるからなあ
 
映画 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

ぬいぐるみ展とヴィオレッタ

うっかり書き損ねてたので
さかのぼりでざっくりメモ(^^;)

5/17 Jさん、Sちゃんと待望のヴィオレッタの約束♪
で、集合前にビリケン商会でやってる
梅津恭子ぬいぐるみ展2」に寄ることに

5/16〜だったので、本当は初日に行きたかったけど
19時終了の会場にいけるはずも無く…(T_T)
先にイメージフォーラムで整理券もらってからと思ったので
渋谷から歩いたら汗だくでした(どうしてこうも暑い)





DMにのってたフェルトの直立さんのうち
クマ系orドードーorマレーバクがまだいたらうちのこに!!と
思っていましたが、この時点でラストセイウチさん1頭の状態でした
さすがだなー やっぱり初日だよなー(T_T)
これも運命の出会いかしらとセイウチさんとしばし見詰め合いましたが
きっと次の機会もあるはず…と諦めました

梅津さんも在廊されていて
偶然にもその日はいていったMERRELLの靴が梅津さんと色まで一緒で
気づいて一緒ですねーと声をかけてくださったり
人形の雰囲気と一緒で やさしい・かわいらしい方でした
作品が好きから始まって、その後作家さんに会う機会があるとみんなステキな方なのよねー
好き!!な物を作っている人だからステキに見えるのか
私が好ましいと思う人だからその人が作るものが好きなのかは不明。

そんなこんなでうちの子は増えませんでしたがほくほくとギャラリーを後にし
表参道あたりをぶらぶらしつつ再度イメージフォーラム 3人集合
梅津さんのぬいぐるみとは大分テイスト違いますがwヴィオレッタです



半年ぐらい前からずーっと待ってた美少女ものw
主演のアナマリア・ヴァルトロメイ 名前から美少女!
映画撮影時は10歳だったそう
序盤のメイクなしもかわいいし メイクすれば顔はこの出来上がりっぷり
でもやっぱり10歳だから体にぴったりのドレスとかだと
下腹ぽっこりの幼児体型だったりで
もういろんなところに萌え要素がww
表情によっては恋月姫の人形かよっとつっこみいれたくなるほどの美しさで
母親役のイザベル・ユペールと一緒のシーンとか
両方美しくて見惚れる

親子の葛藤映画はいろんなのがあるので、お話としては色々弱いなあと思ったりもするけど、個人的には金髪母娘の姿をスクリーンでみられたということだけでチケット代はペイできたと思いました。
あと、この時期のアナマリアをこの役で映画に出して記録に残してくれたってことが本当にすばらしいことだと思うので、そこ重点的にありがとうと言いたいです。よかったよかった。

一緒にみた2人の意見は上記私の感想と概ね一致してましたww

で、このまま帰るのもねーどこいうこかしらーとなり
ギリギリ浅草橋(パラボリカビス)間に合うかな?と移動しはじめましたが
途中で絶対に間に合わない時間になったので、山手線内で諦め
このままのみに行くならどこだ?と車内で協議して日暮里まで行くことに
渋谷で映画見たのに日暮里で飲む私たちってww



でも渋谷より断然落ち着くのよね…
ひさびさの串揚げ屋さんで美少女談義などしつつ夜は更けていくのでしたw



ああ旨かった
映画 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

アナと雪の女王

人形教室の人たちと三峯神社に遠足に行くはずが
先月末の雪でバス運休…(T_T) 残念ながら遠足中止…というわけで
かねてからたのしみにしていたアナと雪の女王をアサイチで見ることに

日劇TOHO
レディースデー 1000円

パンフ 700円


いやーーー
ディズニープリンセス!で
ディズニーミュージカル!!で
見てて気持ち良い映画だった
両方好きならまあはずすことはないでしょう
帰ってきてからずっとlet it goです(サビしか歌えないけど)
エルサが氷の城をたてるシーンはトトロが木をぐぐぐーんと育てるシーンに
匹敵する気持ちよさです もういっかい 今度は3Dでみたいいいい

ラプンツェルなみにアンデルセンの雪の女王からはかけ離れてましたがけどね(^^;)
まあ、そこはいいかー

同時上映のミッキー短編も劇場で見てなんぼの映画だったので
もう一回3Dでみたーーーーい と切実に思っています
氷とか雪とかは3D向きなんだな、きっと

コレド室町もできたし、これは行けってことだよねw

そうそう、映画みる予告で見つけちゃう次の気になる映画
今回は、マレフィセント

アンジーがディズニー悪役をやるっていうのは知ってたけど
映像は予告で初めて見た。妖精の表現とかかなりツボった♪夏が楽しみです

帰りに平日で空いているかなと思って
The Artcomplex Center of Tokyoで恋月姫人形を見てきました
予想より人はいたけど、30体の姫人形は圧巻でした
人形展はもう一回くる予定があるので感想は後ほど♪



JUGEMテーマ:映画
映画 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

かぐや姫のものがたり を見てきた

めずらしく初日に出かけてきた

かぐや姫の物語
TOHOシネマズ 日劇3



話の基本線はかぐや姫なので、どきどきしたりはしない
姫の犯した罪と罰もそれほどびっくりはせず
ふわーっと見てふわーっと帰ってきました
いや、面白くないということではない でも面白かったかと問われれば…うーむ
絵はとってもキレイで飽きずに見たけどねえ

好きだったのはかぐや姫が竹から出てくるところ
で、そこから赤ん坊になるところ
赤ちゃんのころのたまらんくかわいい動きと
「すくすく育つ」の表現は凄かった
あと子供たちとかぐや姫が歌う歌
繰り返し流れるので、しばらく残りそう
うっかりすると口ずさんでいる

つっこみどころは帝のアゴ
気になって話が入ってこなかったっす
あと、ジブリだからって飛ばなくても良い気がする
そして、不倫はいけないよアニキ
そんな感じ

そういえば まだ「風立ちぬ」見てないんだよなあ
私がアニメに期待するところが見られない気がして気が乗らない
でもきっと見たらいいんだろうなとは思う
複雑ね

館内においてあるチラシで私が期待するものがありそうなアニメ発見
アナと雪の女王


ディズニープリンセスものはきっとはずさないのでチェックだな
元の話も映画見てるはずなんだけど細かいところを忘れてざっくりしか覚えていない
すごくキレイなイメージだけ残っているので、DVDあったら見たい


映画本編とはあまり関係ないですが
TOHOシネマズのカード持ってると6本見て1回無料になる。
今までたまったポイントは窓口で交換と思ってたんだけど
今回予約するときに「ポイントで見る」って選択項目があってびっくり
無料なのにネット予約できるなんてステキすぎ
映画はTOHOにするわ

JUGEMテーマ:映画
映画 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 伝説のディヴァイン

映画祭最終!
伝説のディヴァインでシメです
今年は3本ともドキュメンタリーでした



見たことあるのはピンク・フラミンゴ(映画館)とヘア・スプレー(ビデオ)だけだったけど
一時期カルト映画にはまったりしてたので、予備知識はぼちぼち

若いころの写真とか妙にハンサムで
やっぱりある程度整ってないとメイク映えもしないのかなーとか

最初から最後まで興味深く面白く 「ああ見てよかった」としみじみ
見終わって感じた独特の物悲しさが、
何かを見た後の感じに似てるなあと思ったんだけど「ノミ・ソング」かなあ??
なんか見直してみたくなってきた…

映画 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 インターセクション

映画祭2本目もドキュメンタリー
インターセクションを見てきました



日本語だと性分化疾患
生まれたときにどちらの性とも判別がつかない場合があることは知っていたけど
2000人に1人の確立っていうのを聞いて驚いた
日本でも1年に600例くらいあるらしい

以前「ブレンダと呼ばれた少年」を読んで驚愕したデイヴィッド・ライマー
マネー理論のことにつても結構な時間を割いていて
本を読んでたことが予備知識になって非常に興味深く見ることができました

ゲイやレズビアンについてはリアルな人たちを知らないことで
タレントとか有名人の印象が強くて偏見があるなあと感じることもあるけれど
インターセックスについてはそれ以前な気がするわ
世の中には♂と♀しかいないと思っている人がほとんどだと思うので、
とにかく「知ってもらう」ことが先決ではないかと
性別欄に♂・♀・ISと1項目追加だけじゃすまないいろんな問題が出てくると思うので
映画を見てみて多くの人が知ること、で、そのことについて考えることが必要と思った次第です

これ、今後日本で上映する機会あるのかなあ??
こういうのこそNHKでやったらいいよと本気で思いました

帰ってきてからチェックしたサイトとか

インターセックス・イニシアティヴ
性分化疾患・インターセックスinfo(twitter)
nex DSD(youtubeチャンネル)

youtubeのは時間あるときにおいおい見る予定

映画 | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 ミスター・エンジェル

やってまいりました 第22回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭



今年の1本目、ミスター・エンジェル見てきました



いろいろかっこよかった
ホルモン投与してるとはいえあの筋肉 あの首周り(>_<)
FtMの方って、どこかしら女性の雰囲気が残っているもんだと思ってたけど
すごい人みもいたもんだ

「ビーチを歩いてるとものすごい小さいペニスだって思われることもある」って笑ってたけど
ホルモン打ってるからなのか、クリトリスが肥大していて
たしかにそうみえなくも…ないかもしれない
♂も♀も元は同じところから分化するというしな

映画の中で彼のポルノは誰が対象なのかって話をしていて
「ゲイ向け」って主張していたけど
シーメイルものを見るのが♂ならば
バック・エンジェルをみるのは♀な気がするけど 違うのかな
絡む相手にもよるだろうがー

そういえば、胸切除とかホルモン投与とかする前の
モデル時代の写真がたくさんでてたけど
細身でちょーキレイだった
♂のかっこでも♀のかっこでもキレイな人はキレイなんだわね

アフタートークで日本でも彼のAVが1本出たらしいんだけど
全く売れなかったらしい…(T_T)
タイトルは「バック・エンジェル
監督さんは廃盤で中古でしか入手不可っていってたけど
DMM R18で配信してるじゃんw
ちょっとみてみたいわ

覚書
バック・エンジェル
サイト※18禁注意
Face book

映画 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

ARISE

攻殻機動隊ARISEだって きゃあきゃあ



て、音楽コーネリアスだって きゃあーーー

を、でもキャスト総入れ替えじゃんか…不安
そして素子さん前髪短い

映画館2週間限定なら有料配信でいいかなあ
大画面大音響がいいかなあ
悩むなあ

映画 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

福袋とレ・ミゼラブル

あけましておめでとうございます


※我が家のお正月っぽい風景w

今年は行くのやめようと思ってた福袋
が、最近気に入っているNe-netが出すというので
これだけ…と思って結局早起き
池袋ついたのが9時半ちょい前くらい、10時に開くと思ってたら
ついてまもなく列がうごきだして おやおや??と思ってる間に開店
10時には家に帰ってきてました

福袋はといえば、買う前にメインアイテムがわかるタイプだったので
ほぼ選んで買った状態…安心だけどどきどきやわくわくは無くてちょっと残念。
コート入り3点ものを購入しましたが、3点中1点がブローチだったのはちょっとなぁ…
仕方ないので欲しいものは普通にセールで購入することに あはは

で、なんとなく用意していたおせち的な朝ごはんを食べ
それから旦那さんと正月1000円映画に向かいました
正月らしく 豪華にレ・ミゼラブルです(ちがうかな?) 私チョイスです
旦那さんはほぼ興味なしな様子だったんですが
払ってあげるからと無理やりつれていきました(^^;)


※下に死ににくいおっさんがうつってるのは気にしない

いやー 良かった!
なんとなくお正月にみるにふさわしい気が(違う?)
これが1000円なんてコストパフォーマンス良すぎでしょう!て感じ
でかい画面でみたい映画 終わって思わず拍手した
なのでパンフレットも買ってきました

歌ってるの本人らしいけど ハリウッド俳優ってみんなあんな歌えるの?
うますぎて怖い(^^;)
大人はもちろんよかったけど 小コゼットのCastle on a Cloudかわいかったなあ
ガブローシュの歌も~♪
ミュージカル本物は見てないけど 名場面はあちこちでちょいちょい見るから
どのタイミングで撃たれるのわかってるのに きゃあってなるんだよな

話も超スピードでガンガン進んでいくし
感動してとか共感して泣いちゃうってわけではないですが
おおおっっいいいっっって思うのってやはり出来がいいということなんだろか
小さいときからミュージカル映画好きってのもあるかもだけど 
なんかDVDでたら作業中ずっとかけてたい感じ
ナイスチョイス自分

なんか今日は1日が長かった

映画 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) |